• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暑中お見舞い申し上げます。



美人だ。 美人過ぎるっ!
霊術師が作りたくなる暑中お見舞いですね^^;

皆様に、暑中お見舞い申し上げます♪
スポンサーサイト


年賀状

こちらも、1ヶ月に1回くらいは・・・

更新するかもw




消さない理由は、読んでくださってた人が居るから^^

それだけですけど、何か凄くうれしかったので♪

家族


新しいほうのブログのプロフィールにもあります絵です。

あれをチョット改造して、さらにRSのマークもつけてみました

んー・・・・芸がないけど・・・





姫がかわいぃぃ♪


死んでいたさ。ピース


しばらく更新が無かったのは

単純にRSにINしていなかったために、更新するネタすらなかった為。



学会のアブスト締め切りが近づいており

研究活動もかなりヤバヤバ忙しい感じになってきてますです。ハイがっくり



おまけに、週末風邪っぽいことになり

カナリ長時間寝ていた気がします・・・kao06



というわけで、つまらない記事になって大変申し訳ございません。

皆々様は、風邪引いてませんか?

まだまだ寒いので、お体には十分の注意を。



最後に、さびしくも面白い画像を1枚。
古都がダメルのようになったら・・・

もし、古都が名前のごとく古都になり、荒廃都市ダメルのようになれば・・・

きっと噴水周辺もこんな感じw

NPCも露天も、だぁれも居ない噴水周辺になっちゃいますね。

SSの中に自分すら写っていないこの1枚。

見たことある人はすぐに分かるでしょうねBrilliant

どうやってとったでしょ~か!?

広い、暗い宇宙があった
そこでヒトビトは、他に依存しつつ、依存されていきていた・・・。

女の子がうまれた。
この広い宇宙の一角に突如として生まれた。
依存されることも無く、また依存することも知らなかった。
ひとりだった。

・・・だった。

一人のヒトに出会う。
そのヒトは、依存できない・されない女の子を見つけて
自分に依存することを許した。
そのときから、女の子はそのヒトに依存し、またそのヒトも依存しはじめた。

地に足を着けること
帰る場所。家。
呼び方は色々あるけれど、場所に依存することもまた、安心を得ることができる。

女の子とヒトは星を見つけた。
そこには、たくさんのヒトがすんでいた。
女の子はそこで多くのヒトと友達になり、いつしか・・・

仲の良い自分たちだけの星が欲しいと思った。

女の子とヒトビトは、暗く広い宇宙の一角に星を作った。
小さな小さな星だった。
星を作ると、ヒトがやってきた。
小さな星は、少人数の場所から3人・4人・・・・10人・・・
と、少しづつにぎやかになっていった。

ヒトが増えるというのは、管理しなければならないということ。
家族がふえるにつれて、管理人は誰なのか・・・誰が代表なのか・・・

そして。

女の子は・・・いつしか、星の御姫様として
その小さな星の代表として、暮らすようになりました。
小さいけれど仲良くて、平和で、幸せな生活が続いていた。







つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。